肥満症

肥満症とは

肥満症

肥満とは、脂肪組織に脂肪が過剰に蓄積した状態で、体格指数(BMI)25以上の状態のことです。BMIは[体重(kg)]÷[身長(m)2]で計算します。肥満に起因ないし関連する健康障害を合併するか、その合併が予測される場合で、医学的に減量を必要とする病態を肥満症と呼び、疾患単位として取り扱われます。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満があり、血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れた状態を呼びます。内臓脂肪型肥満とは、臍の高さでの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合です。メタボリックシンドロームでは心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる動脈硬化性疾患の危険性が高まります。

メタボリックシンドロームの診断基準の表

肥満の合併症

肥満は糖尿病や高血圧症、脂質異常症、動脈硬化性疾患などの生活習慣病のリスクを高めます。他にも脂肪肝や胆石症、痛風など、多くの疾患のリスクを高めます。膝関節などの関節障害をきたすことも多く、そのために運動が制限され、肥満に悪影響を与えるという悪循環が生じます。睡眠時無呼吸症候群をきたすこともあり、睡眠時無呼吸症候群も高血圧症などの原因となります。

二次性肥満

肥満は原因によって大きく単純性肥満と二次性肥満に分けられます。単純性肥満とは、食べすぎや運動不足が原因で、二次性肥満ではない肥満です。二次性肥満とは内分泌疾患などの病気が原因で起こる肥満です。二次性肥満は原因疾患の治療により改善する場合が多いため、正確な診断が重要です。

肥満症の治療

肥満症治療の基本は、食事・運動療法を中心とした生活習慣の改善です。しかし、長年の生活習慣を変えることは容易なことではありません。糖尿病治療薬のGLP-1受容体作動薬など、減量効果が期待できる薬剤が出てきていますが、高度肥満症では内科的治療で十分な効果が得られないことも多いです。外科的治療として、2014年に腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が医療保険制度にも取り入れられ、増加傾向にあります。肥満症に対する外科的治療の有効性は、内科的治療に比べて著しく高く、糖尿病などの肥満症に関連した代謝疾患に対しても有効性が高いことが明らかとなっています。その他に、内科的治療と外科的治療の中間に位置する治療法として、内視鏡を使用して胃内でバルーンを膨らませ留置する治療法もあります。当院の院長は東京大学医学部附属病院で肥満症の診療経験があります。この診療経験を国分寺の地でも発揮し、肥満症の治療に従事したいと考えております。肥満症でお困りでしたら、お気軽にご相談下さい。

Top