脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症

血液中の脂質の値が基準値から外れた状態を、脂質異常症と言います。空腹時採血の結果が以下のいずれかに当てはまる場合に脂質異常症と診断されます。

  • LDLコレステロール(悪玉コレステロール):140mg/dL以上
  • HDLコレステロール(善玉コレステロール):40mg/dL未満
  • 中性脂肪(トリグリセライド):150mg/dL以上

脂質異常症と高脂血症の違い

脂質異常症と高脂血症は同じ疾患です。2007年に「高脂血症」は「脂質異常症」と名称が改められました。低HDLコレステロール血症を含むことや、総コレステロールが高い場合にLDLコレステロールは正常で、HDLコレステロールのみが高い場合もあることなどが理由です。

脂質異常症の合併症

脂質異常症はそれ自体では多くの場合症状はありませんが、放置すると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。脂質異常症は動脈硬化の危険因子の中でも最大の要因であると言われています。中性脂肪が1000mg/dL以上を超える高中性脂肪血症は急性膵炎の危険因子にもなります。急性膵炎は重症化すると命に関わる危険な病気です。

家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症は生まれた時から遺伝性にLDLコレステロールが高い病気です。様々な遺伝性代謝疾患の中でも家族性高コレステロール血症は最も頻度が高く、日常診療でよく遭遇する病気です。人間の遺伝子は、父親由来と母親由来の2つが一組となって出来ています。この両方に異常がある場合を「ホモ接合体」、いずれか片方のみに異常がある場合を「ヘテロ接合体」と呼びます。片方の親がヘテロ接合体の場合、子供は2分の1の確率でヘテロ接合体になります。ヘテロ接合体は約200~500人に1人、ホモ接合体は約16万~100万人に1人の頻度で認められます。適切な治療がなされないと、ヘテロ接合体では男性で30~50歳、女性で50~70歳の間に心筋梗塞などの冠動脈疾患を発症することが多く、ホモ接合体では小児期や若年時から心筋梗塞などの冠動脈疾患を引き起こす危険性があります。診断のためには、「家族性高コレステロール血症あるいは早発性冠動脈疾患の家族歴(2親等以内の血族)」の有無が重要となります。家族性高コレステロール血症は早発性冠動脈疾患発症リスクが極めて高いため、早期の診断と治療が極めて重要です。

脂質異常症の治療

治療はまず生活習慣改善や食事療法、運動療法が基本となります。禁煙や適正体重の維持などが重要です。それでも脂質異常症が十分に改善しない場合は薬物療法が必要になります。脂質異常症の治療目標は、心筋梗塞や狭心症を発症した場合や、糖尿病や高血圧などの他の動脈硬化の危険因子がある場合は、より厳しい目標となります。例えば、糖尿病がある場合には、LDLコレステロールの目標値は120mg/dL未満となります。

院長は東京大学医学部附属病院の脂質異常症専門外来で診療に従事し、東京大学大学院医学系研究科で高中性脂肪血症の研究を行って参りました。東京大学医学部附属病院での脂質異常症の診療経験を活かし、脂質異常症の診療で貢献したいと考えています。

Top